Blogブログ

日本美膣協会の活動情報をアップしています。

専任講師養成講座受講生の声「膣ケアは、教科書、マニュアル通りではダメ、個々に合わせたケアが必要!」Y.Yさん

<受講後の感想>

現在、3回目まで受講しております。

「1回目は、マンツーマンで」の意味は受講して分かりました。

私の「性」に対してのブロックを外して下さいました。
1講義目は、大泣きでしたしブロックを外して下さいました美﨑さんに心より感謝と尊敬を致します。

美﨑さんが常に仰っている「膣ケアは、教科書、マニュアル通りではダメ、個々に合わせたケアが必要!」を体感致しました。

そして、「習慣化するには、ビジネスに繋げていく」という理念からビジネスマインドもコーチングして下さいます。
私自身の覚悟を確認し、御指南下さいます。
個々に合わせた膣ケアができる認定講師になる事の決意表明できる講座です!

<受講動機>

clubhouseで美崎さんのルームに入ったのがきっかけです。

clubhouseはルームが閉じる10分位前に入ったので、具体的なお話しを傾聴できたのは少しの時間でした。
が、どうしても話しを聴きたいと思い、直ぐにメッセージを送りました。

コロナ下で、「絶対に対面で会います」の意味はお会いして分かりました。

美崎さんの溢れんばかりの熱意とバイタリティに魅了されました。

私が認定講師を目指そうと思ったのは、美崎さんの膣ケアがお祖母様から伝えられたという事に、感銘を受けたからです

デリケートなパーツの膣ケアが、親から子、子から孫へと脈々と、確実に伝えられいるという事実に感動致しました。

大切な性教育が家庭の中でしっかり伝えられているという事を目の当たりにして素晴らしいと思いました

本来あるべき姿だと感じましたし古い昔から伝えられているこの膣ケアは、本物だ!と直感しました

私は、親から教えて貰えませんでした。
多分、そのような方が多いと思います。

膣ケアは目から鱗の知識、知恵で、私自身がまずしっかり取り入れたいと思いましたし、沢山の女性に伝えたいと思いました。

膣ケアを自分に取り入れる事で女性性を認め、自己肯定感が上がることは間違いないと美﨑さんのお話し聴いて受講を決めました。

関連記事