Blogブログ

日本美膣協会の活動情報をアップしています。

専任講師養成講座受講生の声「今回受講する仲間とともに、日本の女性をた~くさん幸せにしていきます。」Y.Hさん

<受講動機>

現在1歳の息子を育てています。
膣ケアの必要性を、アロマの予防医学を学んだり、助産院での出産経験、経血コントロールから、理解していました。
でも、実際に、それを正しく伝えるすべや、言葉は持ち合わせていませんでした。

29歳まで、小学校教員を7年間していたときに、子供たちのネガティブな思考や行動の影には何があるのか?と追求したときに、「子供の不適切な行動▶親子関係の不具合▶親や周りの大人のネガティブな言動▶そもそも夫婦関係の不具合▶妊娠・出産が病院任せ▶夫婦関係・パートナーシップ▶そもそも自分が自分を愛せていない大人▶過去のトラウマや感情を癒やす必要性」 このように、どんどん本質の問題にぶち当たりました。

そして、いつか、「性のお話。妊娠出産を取り戻すお話。自然分娩やパートナーシップ」性教育を日本にしなければと思ったこと。これらが、教員をやめる大きな要因でした。

でも29歳の教員をやめたばかりの私が、一番伝えたかった性のお話。そのことをストレートにできなかったのです。それは、自分が結婚相手もいなかったですし、子供も育てたことがなかったので、今はそれを発信するときではないと、ココロの中に大切に片付けておいた中心テーマでした。
そして、ママの安心子育てをサポートする予防医学のカウンセラーとして、7年間経験を積み重ねてきました。

この度、クラブハウスをきっかけに、美﨑さんの熱い膣のお話をお聞きする機会がありました。

これだ!この人しかいない!と直ぐに連絡をさせていただきました。

そして、資格の内容が唯一無二のものであると感じそして、それをプレゼンしたり、集客するなどお仕事にする部分まで、丁寧にサポートを受けられそうだと感じだこと。

この人についていこう!と思ったことが志望動機です。
ともに、今回受講する仲間とともに、日本の女性をた~くさん幸せにしていきます。

関連記事